2019.9.8 がん予防展でケアフードを提供しました

イオンタウン館山で開催

9月7日、8日にイオンタウン館山のコミュニティーホールにて、「がん予防展」が開かれました。9月の「がん征圧月間」に合わせて、千葉県、ちば県民保健予防財団、千葉県がんセンターが共催して毎年開催しているイベントです。今年は、館山市市政施行80周年記念イベントの一環として開かれました。当NPO法人も後援団体として参加し、ケアフードの無料試食やがん治療中の食べやすい食事の提案などをしました。

館山駅

千葉県館山市のJR館山駅にて。海と空の青がきれいなところです

「カボチャムースとヨーグルトの二層仕立て」200食を提供

ケアフードは、9月8日(日)の昼ごろから限定200食で提供しました。メニューは「カボチャムースとヨーグルトの二層仕立て」。カボチャはなめらかになるまですりつぶし、メレンゲを加えてでふんわりとした食感を引き出しました。ヨーグルトの酸味と併せて味わうと、カボチャの甘みがより引き立つように工夫しました。この日は、プリンカップに入れて、冷たいデザートとして召し上がっていただきました。

カボチャはビタミンEやビタミンCなど、がん予防に効果があるとされる栄養素を多く含んでいるので、ぜひおすすめしたい食材です。もそもそするカボチャもムースにすると食べやすくなります。デザート、前菜として気軽に味わっていただきたいと思います。

訪れた来場者の皆様にも、カボチャの栄養について説明しながら提供しました。来場者の中には、カボチャを育てている方も多く、「カボチャをデザート感覚で味わえるとたくさん食べられるね」「カボチャのピュレは良く作るから、自分でも作ってみたい」などの声が聞かれました。

統計展示コーナー

がんに関する統計データも展示

予防展では、このほか血管年齢や肺年齢、肌年齢を測定できるコーナーや、顕微鏡でがん細胞を観察するコーナー、内視鏡操作を体験できるコーナーなども設けられ、にぎわいました。イオンタウン館山のフードコートでは、がんに関わる統計パネルも展示され、注目を集めていました。

千葉県のマスコットキャラクターチーバくん、館山市のダッペエ、ちば県民保健予防財団のけんしーも登場し、子供たちやご家族連れから人気を集めていました。

マスコットたち

9/23(月・祝)がん講演会は中止

9月23日(月)に千葉県南総文化センターで開催が予定されていた「がん講演会」は、台風15号による影響により中止となりました。