2019.12.26 千葉県がんセンターボランティア支援室に電子ピアノを寄贈

ピアノ演奏で、患者さんに癒しと英気を

NPO法人医療・福祉ネットワーク千葉は、千葉県がんセンターのボランティア支援室に電子ピアノを一台寄贈しました。患者さんとご家族にピアノ演奏を聴いていただく機会を増やすとともに、がん治療に向き合うための英気を養い、癒しにつなげてほしいとの思いをこめています。

電子ピアノ

千葉県がんセンターボランティア支援室に寄贈した電子ピアノ

自動演奏も可能

電子ピアノは、YAMAHA製でクラシックやポップ、ジャズなどの曲の自動演奏機能もついています。緩和ケアセンターでの定期的な演奏のほか、持ち運びも容易にできる利点を生かしてボールなどでのコンサートを開く際にも活用できます。ピアノは、ボランティア支援室と当法人のスタッフで吟味して選びました。

当法人では、これまでも継続的に、ボランティア支援室に対して助成を行っており、タオル帽子製作やアニマルセラピー、アロマセラピーなどに使う材料費等に活用していました。志の高いボランティアさんによる活動を資金面でサポートすることで、患者さんへのサービスを継続できるようとの思いをこめています。ピアノ寄贈については、ボランティアによる演奏だけでなく、患者さんやご家族も自由に弾く機会も増やしてほしいとの願いもあります。

12月26日、ピアノの寄贈式

12月26日には、緩和ケアセンターホールにてピアノの寄贈式を行いました。千葉県がんセンターの山口武人病院長は「クリスマスプレゼントのように感じている。千葉県がんセンターでは音楽療法に取り組んでいるが、音楽の力が患者さんの心の安らぎにつながっている。このピアノも安らぎにつながれば嬉しい」とあいさつしました。

続いて、NPO法人医療・福祉ネットワーク千葉の竜崇正理事長は「心と体にやさしいがん医療に取り組んでいる中で、音楽療法はそれを助ける役割を担っている。今後もNPO法人として協力をしていきたい」と話しました。

ピアノ寄贈式

ピアノ寄贈式であいさつする竜理事長(右)

あいさつの後、千葉県がんセンター看護局の大坂美穂看護局長と別所なぎさ師長が、弾き初めとしてフランスの作曲家ガブリエル・フォーレ作曲の組曲ドリーの「子守歌」を連弾演奏しました。ゆりかごのスイングをイメージさせる和音が、ホールを優しく包み込みました。別所さんはディズニーの「美女と野獣」のテーマ曲も演奏しました。

医療者も音楽を通じて「優しい気持ち」を思い起こす

竜理事長は目に涙を浮かべながら演奏に聴き入り、「医師も看護師も、音楽の演奏を通じて患者さんに対する優しい気持ちを改めて思い起こしてほしい。忙しい日常業務の中で、医療者になった当初の志を忘れかける時もある。そんな時に音楽の力が、きっと志を思い出すきっかけになる」と語りました。

 

電子ピアノを吟味

ピアノ寄贈式記念写真