【Dr.竜の診察ノート】新型コロナウイルス 感染の予防を徹底しよう

世界的感染の拡大に、“症状のない健康な感染者”が関係

新型コロナウイルスは4月1日現在、世界中で82万人以上の感染者がおり、日本国内では2382人が感染、57人の死者が報告されている。いまだに都市部を中心に増加傾向が続き、油断できない状況だ。

パンデミック

流行当初からの疑問は、濃厚接触者の追跡調査で、ほとんど感染者が出ていないことだ。中国でも濃厚接触者のうち感染者は数%に過ぎず、アメリカでも10人の確定患者との接触者445人のうち発症者はわずか0.45%だった。このことから、世界的感染の拡大には、症状のない一見健康な感染者が関係している可能性が高いと思われる。

中国4万4672人のデータで、20歳未満の感染者が少ない。これは無症状か軽症で診断に至っていないと推測されている。若年者が感染を広げている可能性が高い。

だれもがスプレッダーになる可能性

東京の感染者は1日100人に迫る勢いで、40歳以下が6割を占めるようになった。しかも、積極的にPCR検査を行っていないので、一見健康な人の何%が感染して、他人に感染させるスプレッダーになっているかのデータはない。しかし、誰もがスプレッダーになっている可能性があると考えて行動すべきだ。

壁や窓にウイルスが付着の可能性
手洗い励行を

感染は飛沫感染や接触感染が主体なので、①マスクをして咳で他人に感染させない、②自分の鼻や口を触らない、③手洗いやうがいを励行する―などの予防法が大事だ。咳で飛散したウイルスは重力で下に落ちるので屋外が安全だ。しかし、壁や窓、多くの人が触る部位ではウイルスが付着している可能性があり、石けんやアルコールなどでの手洗いの励行が重要だ。

密集

感染リスクは①換気の悪い密閉空間②手の届くところに大勢の人がいる③近距離での会話や発声―とされるので、そのような場所は避けるべきだ。マスクはウイルスが通過するので予防効果はないが、他人を感染させないために重要だ。重症者は高齢者、基礎疾患(糖尿病など)が知られており、治療を受けることが重要だ。

手洗い消毒

※「Dr.竜の診察ノート」は、NPO法人医療・福祉ネットワーク千葉の竜崇正理事長が浦安市の市民新聞「うらやす情報」に寄稿したものを、発行後に編集して掲載しています。