【Dr.竜の診察ノート】新型コロナウイルス 感染予防を徹底しよう

コロナ感染防御は、人との接触を避けるしかない

緊急事態宣言

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の勢いが止まらない。国の専門委員で北大の西浦教授は、人との接触を8割避けなければ、重症患者が累計85万3千人になり、その49%(41万8千人)が死亡すると警告。

この結果を受けてか、4月16日にようやく全国への緊急事態宣言が出された。多くの施設に休業要請し、国民には不要不急の外出を控え、さらに3密(密接、密着、密集)を避けるよう働きかけている。その後の4月19日(土)、20日(日)のNTTドコモの位置情報の検索で、主要駅や主な繁華街の人出は70~80%削減された。しかし、地域の商店街や遊興施設には人があふれている状態だった。人との接触8割削減は、絶望的状況である。

PCR検査せず、都市封鎖せず立ち向かっているのは日本だけ

有効な治療薬や予防薬がない現在、コロナ感染防御対策は人から人への接触を下げるしかない。感染源不明の頻度が高い中、クラスター対策を主とし、新型コロナウイルスのPCR検査をせず、都市封鎖せずに立ち向かっている国は日本だけである。

ヨーロッパでは都市封鎖政策で感染食い止めを実証

Imperial College London、WHOを中心とした研究チームは、ヨーロッパ11カ国を分析して、コロナ感染を止めるには、都市あるいは国の封鎖(lockdown)が有効であると報告した。

すなわち、イギリスでは1人の感染者が、他人に感染させる係数Rは4だったが、3月中旬から感染者隔離、社会的距離の保持、学校閉鎖などの対策をとり、Rは2に減少した。だが、依然として感染者は倍増していた。それが、3月24日に完全な都市封鎖と公共事業の禁止により、やっとRが1となり、他への感染が止まったとの報告である。

ヨーロッパ11カ国のうち、3月10日から24日までの間に封鎖政策をとった10カ国(ドイツ、スイス、ノルウェーなど)は、すべてRが1前後に落ちた。これに対し、封鎖政策をとらなかったスウェーデンは2~3の間に留まり、封鎖政策が唯一の解決策が唯一の解決策であるとの報告だった。

医療崩壊、社会の崩壊から国民を守るべき

コロナ社会崩壊

現在は第3次世界大戦とも言うべき、人類と新型コロナウイルスとの戦いである。特に誰が感染しているか分からなくても、患者診察の責務を負っている医療機関は脆弱で、クラスター化した感染が医療機関中心に広がっている。医療崩壊しているのだ。

PCR検査を徹底し、感染実態を厳密に把握し、それに応じてロックダウンを含めた対策をとるべきだ。国民の命を守るのが国家のつとめであり、社会が崩壊しないように休業補償は、速やかに高額の現金給付を無条件で何回も行うべきである。世界経済も疲弊している中、経済政策を行っても、今は無効だ。感染を制御してから、世界と協力しての強力な経済政策を講じればよい。

PCR検査は鼻咽頭粘液採取で行うが、検体採取の際のくしゃみや咳のため、検査する医療者の感染の危険がある。このため、韓国では危険の少ないドライブスルー方式で行い、コロナウイルスの封じ込めに成功した。このことから、東京都医師会、千葉市などでドライブスル―方式のPCR検査を行っている。また、最近はコロナウイルスの存在そのものを調べる抗原検査の開発が進められている。早期に確定診断に利用できることを期待したい。

予防薬、接触者検出システムの開発も進む

予防薬として、抗マラリア薬・クロロキンやヒドロキシクロロキンを、医師や看護師等の医療従事者が服用して、感染を予防できるかの臨床試験が世界規模で4月22日から行われている。患者と知らずに接触した医療従事者や家族等にも抗マラリア薬を短期間投与する、曝露後発症予防試験も始まっている。

また、4月10日にグーグルとアップルは、コロナウイルス接触者検出スマートフォン技術を共同開発することを発表した。世界の2大情報会社の協力で、数カ月以内に可能になることが期待される。

現在、コロナウイルスに対する、明らかに有効な治療法は、まだない。検討中の候補薬は、抗HIV薬のカレトラ、インフルエンザ治療薬のアビガン、吸入ステロイド薬のオルベスコ、膵炎などの治療薬のフサン、フォイバン、抗ウイルス薬・レムデジビル(日本未承認)の5剤である。レムデジビルは2019年のエボラ出血熱流行時に使用されて、安全性は確立されている。同じコロナウイルスのSARSにも有効だった。

効果ある治療薬増加に期待

レムデジビルの治験は国際多施設共同試験として、日本、アメリカ、韓国、シンガポールなど約75の医療機関で、最終的に440名を集めて実施されている。53例を投与した最初の報告では(日本からの症例9例を含む)36例(68%)で臨床的改善があったと、rNEJM誌オンライン版2020年4月10日号で報告された。アビガンの有効性の報告もあり、効果ある治療薬はさらに増えるだろう。

※「Dr.竜の診察ノート」は、NPO法人医療・福祉ネットワーク千葉の竜崇正理事長が浦安市の市民新聞「うらやす情報」に寄稿したものを、発行後に編集して掲載しています。