平成22年度 千葉県がんピア・サポーターフォローアップ研修会を開催しました

がん患者さんに寄り添うがんピア・サポーター
活動中の課題や工夫を記録に
活動マニュアル作成など話し合う
平成22年度 千葉県がんピアサポーターフォロアップ研修会
平成23年3月6日

千葉県は、がん患者さんの相談、サポートを行うがんピア・サポーターの養成を行っており、平成20年度に第1期生が誕生しました。その後、平成21年度に活動報告会とスキルアップ研修会を行い、今回はフォローアップ研修会と題して2回目となる活動報告会でした。千葉県教育会館で開催し、16名が参加しました。それぞれ病院や地域でのサポート活動を続けており、活発な意見交換が行われました。千葉県がんセンター精神腫瘍科部長の秋月伸哉先生がオブザーバーとして参加しました。

ピアサポーターの参加メンバーからは、「研修を受けて相談の場に出たいと思っても、なかなか活動の場が得られない」「病院に出向くきっかけがなかなかつかめない」などの課題が挙がりました。また、さまざまな患者さんやご家族と接する上で、工夫したことや、悩んだこと、分からなかったことなども含めて、後継のサポーターにも伝えていきたいと意見もありました。

ピア・サポーターが活動する場となるがん診療連携拠点病院の相談支援センター担当者との顔合わせの会、コミュニケーションを取る機会を設けることになりました。また、サポーターの活動に役立つ冊子「千葉県がんピア・サポーター必携」も作成していくことになりました。

次回のフォローアップ研修会は3月26日に開く予定です。
(※3/11の東日本大震災の影響で中止となりました)

千葉県がんピア・サポーターフォローアップ研修会は、当NPO法人が事業委託を受けました。