「がん対策基本法」のスピリットの“実行部隊”として

NPO 法人医療・福祉ネットワーク千葉は、平成19年8月に発足しました。発足した年の春に、患者立法と言われた「がん対策基本法」が施行され、がんの適切な標準治療の確立と、患者さんの気持ちや声を反映したがん対策を進めていくことを法的にも支えることとなりました。当 NPO 法人は、時を同じくして千葉県がんセンターを中心に起きた千葉県独自のがん対策条例の制定への大きなうねりを受け継ぐとともに、がん対策基本法の根底に流れているスピリットを一つひとつ具体化する “ 実行部隊 ” として設立されました。

がん患者さんが安心して治療に臨めるように。
よりよく生きられるように。

そのスピリットとは、一つ目にすべての患者さんが地域で安心、納得してがん治療を続けられるようにすること。二つ目に医療者が自信と誇りを持って治療に当たり、よりレベルの高い治療法の確立と研究にまい進できるようにすることです。さらに、当法人では、「患者さんと医療者とをつなぐ」という柱も加えて、大きく3つの目的を旗印に活動に取り組んでいくことを決めました。10数年の時を経ても、その指針はぶれることなく、様々な活動を通じて一つひとつ実を結んできました。

振り返ってみますと、この10 年間でがん医療を巡る状況は大きく変わりました。今や、二人に一人ががんにかかり、誰もがそのリスクを抱えていると言っても過言ではありません。しかし、早期発見・早期治療により、がんを抱えながらも普通の暮らしをし、社会の一員として長い人生をまっとうすることができるようになりました。ただ、社会参加、在宅での治療継続と衣食住、そして心のケアなどを取り巻く状況はまだまだ整っているとは言えません。患者さん方が、がんを抱えながらもよりよく生きる、住み慣れた地域で自立して生きる、そのためには何か必要なのか、しっかりと見据えていく必要があります。

私たち、NPO法人医療・福祉ネットワーク千葉は、千葉県がんセンターを発祥の地とし、千葉を拠点に活動しております。がんセンターをはじめ、千葉大学、国立がんセンター東病院などのがん診療連携拠点病院とも連携を密にしながら、まさに「千葉発」のがん治療、先進医療の開発に挑み続けています。時代は令和へと移りましたが、新型コロナウイルス感染症との対峙など医療を取り巻く課題も変化しながら尽きることなくあるのが現実です。患者さんの声に耳を傾け、寄り添い、患者さんと医療者とともに力を合わせて一つひとつの課題を解決していく―その姿勢に変わりはありません。当法人の会員のみなさまをはじめ、病院や施設、患者さん、ご家族、地域の皆様には活動を支えていただき大変感謝しております。今後とも、ご指導、ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。