骨・軟部腫瘍研究基金について

がん治療を続けてきた患者さまのご遺族から当NPO法人に寄せられた寄付金等を活用して平成23年4月に「骨・軟部腫瘍研究基金」を創設しました。千葉県がんセンター整形外科グループを中心に、医療者による骨肉腫などの基礎・臨床研究を進めています。

これまでに、骨肉腫の腫瘍マーカーの確立や、小児や若者を中心に発生するユーイング肉腫の研究が行われています。研究の進捗についても、随時ご紹介します。

引き続き、ご支援とご協力をお願いいたします。

 

基金設立の経緯

千葉県がんセンターで治療を続けてきた雨宮良貴様、ご家族からの寄付金をきっかけに立ち上げました。良貴様の「社会貢献できる人になりたい」という御遺志を引き継ぎ、同じ病と闘っている患者さんが少しでも助かるようにと医療者による研究が続けらています。

設立の経緯についての詳細はこちらか読むことができます。基金設立の経緯

 

基金設立記念 寄付金の贈呈式

骨軟部腫瘍研究基金の贈呈式

平成23年8月4日に千葉県がんセンターで、「骨・軟部腫瘍研究基金」の設立記念に合わせた寄付金の贈呈式を行いました。当法人理事長の竜崇正より、整形外科の岩田慎太郎先生に研究助成金を手渡しました。

これまでのに研究や活動内容はこちらから読むことができます。

 

創立の経緯
  • 千葉県がんセンターで治療を続けてきた雨宮良貴様、ご家族からの寄付金をきっかけに立ち上げました。
骨肉腫の研究
  • 千葉県がんセンター整形外科・岩田慎太郎先生「骨肉腫の腫瘍マーカー確立と遺伝子解析」の研究をご紹介します。
平成28年5月
  • 千葉県がんセンター整形外科の岩田先生より、最近のトピックについてレポートをいただきました。小児や若者の骨に発生する「ユーイング肉腫」をテーマに書いていただきました。
H27年7月7日
  • 千葉県がんセンター整形外科の岩田先生より、「骨・軟部腫瘍研究基金」研究プロジェクトについてリポートをいただきました。骨軟部腫瘍に関わるさまざまなアプローチを続けている研究を分かりやすく紹介しています。
  • 岩田先生方の研究が論文として発表されました。
    「Olgip-Recurrence of Osteosarcoma Patients: Treatment Strategies for Pulmonary Metastases」