11月4日に開催 今年のテーマは「がんゲノム医療」 第11回千葉県がん患者大集合2019

今年のテーマは「がんゲノム医療」
一人ひとりのがんの原因突き止め、オーダーメイド治療につなげる

11月4日(月・祝)、千葉市文化センターにて「第11回千葉県がん患者大集合2019 講演会 がんゲノム医療の現在と未来」が開催されます。(主催:千葉県がん患者団体連絡協議会、千葉県がん患者大集合2019講演会実行委員会)今年のテーマは「がんゲノム医療」です。一人ひとりのがんの原因、個性を明らかにし、より適した治療薬を探して提供する“オーダーメイド”のがん治療のことです。一人ひとりに合った治療薬を選ぶことで、副作用の軽減につながり、病状をやわらげることになるとして注目を集めています。患者さんやご家族、一般市民が、最新のゲノム医療情報を分かりやすく学ぶ機会となります。

第11回患者大集合チラシ

第11回千葉県がん患者大集合2019 チラシ・参加申込書(pdf)

2名の講師が「ゲノム医療の現状と展望」を語る

講演会では2名の講師が登壇します。国立がん研究センター東病院の向原徹さん(乳腺・腫瘍内科長)が「がんゲノム医療の現状」、国立がん研究センター先端医療開発センターの土原一哉さん(トランスレーショナルインフォマティクス分野 分野長)が「がんゲノム医療の展望」と題してそれぞれ講演します。

患者さんの視点で分かりやすく

がんゲノム医療を受けるには、がん遺伝子解析「プレジション検査」という検査を受ける必要があります。検査結果から、自分のがんの原因遺伝子が何かを知ることができ、より適した治療薬を選択することができるといいます。がん治療への夢と希望を抱きながらも、遺伝子解析によって、どこまで正確に自分のがんの「個性」を特定できるのか、副作用の少ない適した薬が本当に見つかるのか、費用はどのくらいかかるのか―など、患者さんの立場に立つと様々な疑問がわいてくるのも事実です。質疑応答の時間もたっぷり確保しているとのことですので、ぜひこの機会にぜひ、一緒に学んでみませんか。

当NPO法人も千葉県がん患者大集合を共催しております。患者大集合は、2008年に第1回を開催して以来、今年で11回目。がん患者さんによる、がん患者さんのための年に一度の集会。一人では心細く辛いがん治療も仲間と分かち合って前向きに、一人では言えない希望、要望も仲間と一緒に勇気を出して声にする―というスローガンから始まりました。千葉県内のがん患者団体が協力して実行委員会を運営し、開催しているのが特徴です。当NPO法人の竜崇正理事長も患者大集合立ち上げ時には患者団体を励まし、一緒に取り組んだ経緯があります。

2009年の患者大集合の写真

千葉県内のがん患者団体が協力して開催しているがん患者大集合