1月25日にがん予防展in浦安。歌手・木山裕策さん講演&ミニライブ

歌手・木山裕策さん講演「がんが教えてくれたこと」

がん予防と検診の大切さを伝える「がん予防展」。9月に館山市で開催しましたが、地方版として毎年1~2月にミニ予防展を開いています。地域密着型で、がん講演会のほか地元の学生による音楽発表などの催しともコラボレーションして盛り上げています。今年の会場は浦安市の浦安音楽ホール。甲状腺がんと闘いながらも、デビュー曲「home」でNHK紅白歌合戦にも出場した歌手・木山裕策さんの講演&ミニライブが予定されています。入場無料。

※木山裕策さんの講演会は、2019年12月16日現在、満席となっております。
 当日、キャンセルが出た場合には、聴講可能とのことです。
1月25日がん予防展in浦安チラシ (pdf)

浦安がん予防展チラシ

木山さんは、甲状腺がんが見つかった後に39歳でプロの歌手となりました。普段は会社員として働き、4児の父でもあります。語りかけるような歌声と、生きることの意味、あたたかい気持ちがこもった歌詞が聴く人の心に感動を与え、痛みに寄り添います。インタビューの中で、「がんにならなかったら、間違いなく歌手デビューはしていなかった。病気になって、その後の生き方を決めるのは自分」と力強く語っている木山さんのメッセージに注目です。

肺年齢、血管年齢の測定コーナーも

予防展では、肺年齢測定、血管年齢測定の各コーナーや、乳がん模型触診体験、内視鏡検査体験も用意しています。浦安市立入船中学校や浦安中学校など4校のブラスバンドによる演奏会も開かれます。

楽しみながら、がんや自分自身の身体、生活習慣とも向き合う良い機会となります。
ぜひ、ご家族皆さまでの参加をお待ちしております。