トマトのピューレ

季節は梅雨まっただ中。長雨と蒸し暑さが続くと気力も食欲もちょっと落ちこみます。

そんな時に食べたくなるのは、さわやかトマト味。初回はトマトの甘さと適度な酸味を引き出した「トマトピューレ」の作り方を紹介します。

すっきりとしたのどごしの良さに食欲もきっと出てくるはずです。

トマトのピューレ

材料

  • トマト 2,3個(好みの量)

作り方

① トマトを粗く切り分けます。最初に半分に切って種がたくさんあるようなら取り除いてもかまいません。(えぐみや苦みが残るため)。皮はそのままつけておきます。

トマトのピューレ

② 家庭用ミキサーに①のトマトを入れてスイッチをON。なめらかになるまでかくはんします。

③ ②をミキサーからボールを下に敷いたザルにあけます。こして、皮や種を取り除けば完成です。

トマトのピューレ

④ ピューレをそのままスプーンですくいながら食べてもおいしいし、好みによって塩や砂糖、レモン汁をふってソースやドレッシング代わりに使ってもいいでしょう。

トマトのピューレ

保存方法

氷を作る小分けトレーや冷凍用保存袋、赤ちゃんの離乳食用の小さい小分け容器などにピューレを流し入れて密封し、冷凍庫で保管します。冷凍にすれば1か月は保存可能です。こうしておけば、必要な分、食べたい量をそのつど取り出して解凍しながら使うことができます。

トマトのピューレ

ワンスプーンメモ

  • ミキサーを使う場合は、スイッチを入れる前にふたがきちんとしまっているか確認してください。歯の部分の取り扱いにも十分注意してください。
  • トマトは最初にピューレにする段階では塩などの調味料はいっさい加えません。食べるときにその日の体調や味覚の好みに合わせて塩や砂糖、ハチミツなどを少しずつたしていくのがいいでしょう。スーパーなどで「見切り品」として売られているような完熟に近いトマトが手に入るときにたくさん購入し、ピューレにして凍らせて保存しておくとコストダウンにもつながります。