トマトのシャーベット

「トマトのピューレ」のレシピを活用してさわやかなシャーベットを作ってみましょう。
半解凍したピューレにほのかな酸味と甘みをプラスしただけで、簡単にできます。

夏場の水分補給、お料理の合間のお口直しにもぴったりのメニューです。

トマトシャーベット

材料

  • トマトのピューレ 500 g (皮つき種つきのトマトをピューレにし、冷凍保存したもの)
  • レモン汁           1/2 個分
  • ハチミツ、砂糖  適宜
    (食べる前にかけるのがオススメ)

作り方

① 冷凍保存したトマトのピューレを室温にしばらく置き、半解凍の状態にします。

② ①をミキサーに入れて、少しずつかくはんします。シャーベット状になったら、器にあけます。

ミキサー

③ 味付けにレモン汁、ハチミツ、塩、砂糖などをかけていただきます。
ミントの葉などを添えればおしゃれなデザートになります。

ハチミツとレモン

ワンスプーンメモ

  • トマトピューレが半解凍した段階で、ミキサーにかけるのがコツ。
    溶けていく段階で、水分が出て全体に水っぽくなることがありますが、ミキサーにかければ溶けだした水分が程よく全体に回り、ちょうどよい固さのシャーベットになります。
  • ミキサーを使う場合は、300g以上のピューレが必要です。少量のピューレでシャーベットを作る場合は、まず、ホイッパー(泡だて器)で冷凍ピューレをつぶし、溶けかかって来たらかき混ぜます。
  • 仕上がりが水っぽくなった場合は、いったん冷凍庫に入れて再度凍らせてください。

コラム 患者さんのお食事学

トマト

ヨーロッパでは「トマトのある家に胃病なし」と言い伝えられているほど、トマトは健康の代名詞です。トマトの酸味が胃を刺激し、胃液の分泌をうながすことで、消化を助け食欲増進につながります。

抗がん剤の治療などでは食欲不振が一つの副作用として出ることがありますが、トマトのピューレやシャーベットなら食べられる分を小さい器に少しずつ盛り付けることもできます。

また、食べ物の味覚が感じにくいという場合でも、味付けに使うレモン汁の風味が味覚の回復を助ける効果があるとされていますので、トマトの味を楽しみやすくなるかもしれません。

トマトの鮮やかな赤い色がテーブルに並ぶと、食卓を囲む気分も明るくなりますよ♪